≡☆ 谷津バラ園 ☆≡
2015/05/23

梅雨入りを間近に控え、巷では関東近県のバラ園で春バラが見頃を迎えつつあるという噂が飛び交うのを耳にして、背中を押されるようにして出掛けてみたのがこれから紹介する谷津バラ園なの。当初は京成バラ園も候補地の一つに挙げてはいたのですが、ある事情から断念せざるを得なかったの。その理由は後程お話しするとして、先ずは谷津バラ園が造られた背景などを一くさり。(^^; 補:掲載する画像は一部を除いて拡大表示が可能よ。気になる画像がありましたらクリックしてみて下さいね。

谷津バラ園

小径 今回訪ねた谷津バラ園は、元々は谷津遊園と云う遊園地の中に造られていたの。残念ながらξ^_^ξも実体験として知るわけではないのですが、谷津遊園は大正14年(1925)に京成電気軌道(現:京成電鉄)が谷津一帯を買収して谷津海岸遊園を開設したことに始まり、嘗ては多種多様な遊戯施設を備えた巨大レジャーランドとして人気を集めたの。その谷津遊園も昭和57年(1982)に閉鎖され、その跡地には現在は高層マンションなどが建ち並び、往時の姿を留めるものは何も無いのですが、唯一残されたのが今回訪ねた谷津バラ園と云うわけ。因みに、左掲はバラ園に通じる谷津公園内の小径ですが、バラ園は谷津公園の中にあるの。

当初のバラ園はバラの育種家として世界的にも知られた鈴木省三氏が昭和32年(1957)に造園したもので、当時は東洋一のバラ園と評される程で、昭和40年(1965)には京葉道路の建設に伴い現在地に移転。そのバラ園も谷津遊園の閉鎖を受けて一度は閉園されたのですが、市民やファンの方々の惜しむ声に押されて昭和63年(1988)に習志野市の手により、装いも新たに現在の谷津バラ園が開設されたの。園内の中央には噴水広場が設けられ、その広場を取り囲むようにして時計回りに香りの庭をはじめ、つるバラのアーチ・バラのパーゴラなどが配置され、現在は12,600m²もの敷地に何と700種類、7,000株のバラが植栽されているの。

ゲートを抜けると、艶やかな色彩が目の前に広がり、園内はまるで別世界。訪ねたときには額に汗しながらバラの手入れをされている職員の方の姿も多くありましたが、これで入園料 ¥370 は納得お得よね。因みに、こちらのバラ園ではペットの同伴は原則禁止ですが、専用カートやキャリーバッグにいれている場合に限り、入園OKなの。実は、この谷津バラ園を選んだ理由がそれなの。ここからは園内に咲いていたバラをメインに紹介しますが、気になるバラがありましたら拡大表示が出来ますのでクリックしてみて下さいね。But ピンボケもありですので、画質を期待しちゃダメよ。(^^; また、案内が付されていた場合にはその解説を転載しておきましたので、併せて御参照下さいね。 ケーニギン・デル・ローゼン
Konigin der Rosen
独:コルデス 1964

バラ バラ バラ バラ

内緒のお話しだけど (^^; あちこちに隠し画像を埋め込んであるの。クリックして拡大表示すると分かるわよ。仮りに Photo 1/3 と表示されたら、後もう2枚隠れていると云うわけ。Photo 1/1 とあるときは何も無いけど(笑)。どこに隠されているかは、クリックしてのお楽しみよ。使い方は簡単よ。次 : 「→」or 「↓」 戻る : 「←」or 「↑」 止める : 「ESC」

♥ 香りの庭 ♥

[ 香りの庭 ] The Sweet Scented Garden
バラには6種類の香りがあります。大手化粧品会社の香料研究室では香水の原材料の一つとして長年にわたってバラの持つ香りについて研究を重ねており、これまでの研究結果からバラの香りを特徴づけるジメトチシメチルベンゼンという物質を発見し、数多くあるバラの香りが6種類に分類されました。各コーナーではバラの香り6種類の分類名と特徴を紹介しておりますので、香りの違いを是非楽しんで下さい。
フリージア Friesia
[ F ] 独:コルデス 1973

ゲートをくぐり抜け、左手に折れるとあるのが「香りの庭」と題されたコーナーで、6種類の香りのバラが植えられているの。説明には「香りの違いを楽しんで下さい」とあるのですが、残念ながらξ^_^ξには香りの違い以前の問題として、香り自体を感じ取ることが出来なかったの。香りの元となる物質は極めて微量みたいなので、愛犬並みの嗅覚を持たないとダメみたいね。(^^;

デンティ・ベス
Dainty Bess
[ HT ] 英:アーシャ 1925
サマー・ワイン
Summer Wine
[ Lcl ] 独:コルデス 1985
ハーモニー
Harmonie
[ HT ] 独:コルデス 1982
マリア・カラス
Maria Callas
[ HT ] 仏:メイアン 1965

ドフトボルケ
Duftwolke
[ HT ] 独:タンタウ 1963
楽園
Rakuen
[ HT ] 日:京成バラ園芸 1996
ブラック・ティー
Black Tea
[ HT ] 日:枚方ばら園 1973

シャポー・ドゥ・ナポレオン
Chapeau de Napoleon
[ M ] 仏:ビベール 1827
ブルー・パフューム
Blue Parfum
[ HT ] 独:タンタウ 1978
ブルー・リバー
Blue River
[ HT ] 独:コルデス 1984
ドフトゴールド
DuftGold
[ HT ] 独:タンタウ 1981

[ 香料のバラコーナー ] バラの快い芳香はハーブ類と並んで鎮静効果や頭痛を和らげる効果があるとされています。香りによっては情緒感情をコントロールしたり治療を行ったりするもので「芳香治療」として注目され、現在その研究が盛んに行われています。このような効果は時として肉体に対する薬草療法よりも強い効果があるとされ、その昔香り使いの名人としても有名であったクレオパトタは、エジプト国の儀式の際にバラをふんだんに用いてローマ人達をもてなしたと云われており、また、彼女が深い眠りを求めるときにはバラの花びらを一杯に充たした枕と寝床を用いたと云われています。他のどんな花も及ばないバラの香りは、香料の香りとしても最も重要な素成となっています。香料バラとして最も有名なものにブルガリア・ローズ(ローザ・ダマッセーナ)があり、このバラから1Kgの香料を取るには実に150m個、3,000Kgもの花を摘み取らなくてはなりません。また、1Kgあたりの香料の値段はおよそ100万円にもなるそうです。このコーナーに展示してあります香料のバラ(ブルガリア・ローズ)の香りを皆さんで体験してみて下さい。

フレンチ・パフューム
French Parfum
[ HT ] 日:京成バラ園芸 1994
プリンセス・ドゥ・モナコ
Princesse de Monaco
[ HT ] 仏:メイアン 1981
フレデリック・ミストラル
Frederic Mistral
[ HT ] 仏:メイアン 1995

フレグランスなど、お化粧品を作る上では無くてはならない存在のローズオイルですが、何とその70-80%はブルガリアで作られているのだとか。更に、世界には5,000種以上ものバラがある中で、ローズオイルの抽出に向く品種は極めて限られ、その内の2品種が育成されているのだそうよ。ブルガリアと云えば、ヨーグルトの代名詞と化しているξ^_^ξにしたら、まさにカルチャーショックの世界ね。それにしても1Kgのローズオイルを得るために3t、150万個もの花が必要だとは思いもしなかったわ。正確な数値はξ^_^ξには分かりませんが、ローズオイルの比重を仮りに0.85だとすると、一個の花からは1mlにも満たない量しか抽出出来ないことになるわね。高いわけよね。(^^; ベル・ドゥ・クレシー
Belle de Crecy
[ HGal ] 仏:作出者不詳 1829

「香りの庭」を離れて、ここからは園内を時計回りに歩きながら目にしたバラの幾つかを紹介してみますが、確かこのコーナー辺りに咲いていたバラよね−程度で振り分けていますので、正確ではないの。そのコーナーにそんなバラが咲いているわけねえじゃんかよぉ〜などと、怒らずに見てやって下さいね。(^^;

♥ Collection I Corner ♥

スイート・アフトン
Sweet Afton
米:アームストロング 1964
ペール・ギュント
Peer Gyunt
独:コルデス 1968
ピノキオ
Pinocchio
独:コルデス 1940
フロラドラ
Floradora
独:タンタウ 1943

アイリッシュ・ミスト
Irish Mist
英:マグレディ 1967
アリンカ
Alinka
独:コルデス 1985
ピカソ
Picasso
英:マグレディ 1971

フィナーレ Finale
独:コルデス 1964
テキーラ Tequila
仏:メイアン 1980

ギィ・ドゥ・モーパッサン
Guy de Maupassant
仏:メイアン 1995
ストラボ・バビロン
Strabo Babylon
[ BR ] 蘭:Inter Plants 2008
マベラ
Mabella
独:コルデス 1972