≡☆ 高幡不動尊・もみじ祭り ☆≡
2015/12/06

紫陽花と共に、紅葉の名所としても知られる高幡不動尊ですが、例年11月中旬から月末にかけて行われる「もみじ祭り」の期間中は、夜間のライトアップと合わせて、萬燈会や地元の商店街が主催する「もみじ灯路」のイベントなどもあり、多くの参詣客を集めるの。秋景色の見納めに、高幡不動尊の境内を染めあげる紅葉を見に出掛けてみましたので紹介しますね。補:掲載画像は幾れも拡大表示が可能よ。気になる画像がありましたらクリックしてみて下さいね。

2015/12/06

♠ View Area 1 ♠
重要文化財・建造物  金剛寺仁王門  昭和21年(1946)11月29日指定

桁行三間、梁行二間の堂々たる偉容を誇る仁王門は、建築時期を特定出来る史料がないが、建築様式から室町時代後期(15世紀中頃から16世紀中頃)の建立と考えられている。江戸時代の地誌には、単層茅葺・楼門(二階建)・二様の図が見られ、仁王門は何度か上部構造を変えてきたようである。昭和34年(1959)から35年(1960)にかけて行われた解体修理工事時の木組みの調査で、当時は外見上単層となっていたが、本来は楼門として計画されていたことを疑う余地がなくなった。そのため、重層入母屋造に復元され、屋根は茅葺型の銅板葺となった。平成27年(2015)には屋根の葺替と耐震補強工事が行われた。平成27年(2015)10月1日 日野市教育委員会 view-01

ξ^_^ξが訪ねたとき(2015)は暖冬の影響で木々の色づきが遅れ、例年であれば11月末までのライトアップも一週間ほど延長されるなど、訪ねるタイミングを掴むのが難しかったの。結局は月末を外してもみじ祭りの最終日(12/06)に訪ねることにしたのですが、今度は天候に恵まれなくて生憎の曇り空。当初は蒼空の下での燃える紅葉を期待してはいたのですが、残念な結果で終えてしまったの。 view-02 view-03

紅葉の進み具合にしても、既に紅葉を終えた木もあれば、今まさに見頃を迎えた木があるなど、まだら模様だったの。加えて、ξ^_^ξの技量不足もあるけど、生憎の空模様で、冴えない写真になってしまい、艶やかな紅葉をお伝え出来ませんが、みなさんがお出掛けの際は、この数倍も綺麗な紅葉に出会えるのは間違いないと思うので御安心下さいね。

♠ View Area 2 ♠

伽藍の背後に迫る木々に覆われた丘陵地(見た目は山だけど)が不動ヶ丘で、四季の道と名付けられた散策路や、西国八十八ヶ所を写した山内八十八所めぐりの路などが整備されているの。中でも、左掲の八十八所めぐり入口から鐘楼のある辺りにかけての散策路が紅葉観賞のメイン・ストリートになるの。栞に依ると、境内にはイロハモミジを初めとして1,300本ものモミジの木が植えられているのだとか。数えたわけではないので正確ではないのですが、その半数以上がこのエリアに集中しているような気がするわね。なので、他のエリアは見忘れたとしても、ここだけは見落としてはいけないわね。それでは、鐘楼が建つ場所まで坂道が続きますが、御一緒に・・・ view-04

view-05 view-06 view-07 view-08

view-09 view-10 view-11 view-12

view-13 view-14 view-15 view-16

view-17 view-18 view-19 view-20

♠ View Area 3 ♠
引き続き、鐘楼の周りを彩る紅葉を・・・

view-21 view-22 view-23 view-24

view-25 view-26 view-27

view-28 view-29 view-30 view-31

view-32 view-33 view-34 view-35

view-36 view-37 view-38

♠ View Area 4 ♠

先程も触れましたが、境内の背後に迫る不動ヶ丘の山中には西国八十八所を写した山内八十八所がつくられているの。巡拝路には御覧のような88体の石仏が置かれ、ひとめぐりすれば四国八十八霊場巡りと同じ功徳が得られると云うわけですが、今回の目的は紅葉観賞と云うことで、大半をカットしてショート・コースにしてしまったの。なので、功徳の方は期待薄ですが、紅葉そのものは結構楽しめたので紹介しますね。尚、順路としては鐘楼側から歩き始めていますので、正規の逆コースになるの。予め御了承下さいね。お遍路でも「逆打ち」があることだし。(^^; view-39

view-40 view-41 view-42 view-43

view-44 view-45 view-46 view-47

view-48 view-49 view-50

view-51 view-52 view-53 view-54

view-55 view-56 view-57 view-58

♠ View Area 5 ♠
続いて、「四季の道」をぶらり散策・・・

view-59 view-60 view-61 view-62

view-63 view-64 view-65

view-66 view-67 view-68

♠ Twilight time ♠

折角だもの、紅葉のライトアップも見ていこうよ−と、日没まで境内をひとめぐり・・・
俗に、時間潰しとも云うわね。(^^;

view-69 view-70 view-71 view-72

view-73 view-74 view-75

ここで、内緒(でもないか)のお話しだけど (^^; 五重塔の地下に無料の休憩所があるの。ゴミは持ち帰りだけど、飲み物などは持ち込み可よ。境内には焼きソバやたこ焼き、大判焼きなどの露店も出ているので購入して持ち込むことも出来るわ。休憩所は16:00(冬期)で閉められてしまうけど、ξ^_^ξはライトアップを待つ間の時間調整に利用させて頂きました。

view-76 view-77 view-78 view-79

view-80 view-81 view-82 view-83

view-84 view-85

♠ Light-up ♠

陽も暮れたところで紅葉のライトアップを見に再び山中へ。お世辞にも綺麗な写真とは云えないけど、掲載しておきますので、お出掛け時の参考にして下さいね。実際に自分の目で見た印象はもっともっと綺麗よ。それに、晴れていようが、曇っていようが、夜のライトアップでは関係無いのがいいわね。照明の効果で、案外日中よりも綺麗に見えたりして。(^^; light-u01

light-u02 light-u03 light-u04 light-u05

light-u06 light-u07

light-u08 light-u09 light-u10 light-u11

light-u12 light-u13 light-u14

light-u15 light-u16 light-u17 light-u18

light-u19 light-u20

light-u21 light-u22 light-u23 light-u24

light-u25 light-u26 light-u27 light-u28




冒頭でも触れましたが、ξ^_^ξが訪ねたときは生憎の空模様だったの。加えて、暖冬の影響でしょうね、例年に比べ、木々の色づきが遅れ、11月末迄の予定だったライトアップも更に一週間ほど順延されたの。それでも、既に見頃を終えた木々も多く、今回ばかりはタイミングの難しさを思い知らされた紅葉狩りだったの。But 晴天と見頃のタイミングに恵まれさえすれば、大いに期待出来そうね。ξ^_^ξの拙い写真ではその美しさをお伝え出来ませんが、是非、一度お出掛けの上で、みなさん御自身の目でお確かめ下さいね。それでは、あなたの旅も素敵でありますように‥‥‥

御感想や記載内容の誤りなど、お気付きの点がありましたら
webmaster@myluxurynight.com まで御連絡下さいね。
















どこにもいけないわ
Copyright by myluxurynight.com 2002-2017 All rights reserved.