≡☆ 昭和記念公園・光の祭典 ☆≡
2008/12/20

東京ドイツ村のイルミネーション に引き続き、立川市にある昭和記念公園のイルミネーションに出掛けてみましたので紹介しますね。補:掲載する画像は幾れも拡大表示が可能よ。気になる画像がありましたら、クリックしてみて下さいね。

Winter Vista Illumination 2008

最初から昭和記念公園でイルミネーションのイベントがあることを知っていた訳ではなくて、冒頭で触れたように東京ドイツ村からの連想ゲーム状態なの。調べてみると最寄りのJR立川駅から歩いても10分足らず−とあり、どこへ行くにも公共の交通手段に頼らざるを得ない身にはうれしい立地なの。加えて、立川なら電車に乗っても1時間圏内。多少帰りが遅くなっても終電の心配も要らない時間に帰って来れそうだし−と云うことで、出掛けてみたの。でも、立川駅から徒歩10分の案内はウソよね、20分近く掛かってしまったわ。それとも単にξ^_^ξの足が遅いだけかしら?

上掲はあけぼの口を経てみどり橋の少し手前、そよぎの丘辺りで夕景の中に富士山のシルエットを見つけて思わず撮したものですが、乱立するビルの林に阻まれて、いつの頃からか富士山も見えなくなってしまったξ^_^ξにはこの景観は羨ましい限りね。

さすがは国営ね、園内に一歩足を踏み入れると広大な園地が見渡す限り続いているの。それもそのハズ、敷地の総面積は180haもあると云うのですから驚きよね。でも、余りにも広すぎて今ひとつピンと来ないわね。何でそんなに広いのかと云えば、嘗てこの地には米軍の立川基地があり、昭和52年(1977)の土地(約566ha)の全面返還を受けてその一部が公園として整備されることになったからなの。その公園にしても現時点で実際に開園しているのは163haで、残りの20haほどが未整備の状態にあると云うのですから、半端ではないわね。

最初は公園の敷地面積を東京ドームのxx個分と書こうとしたのですが、多すぎてやめました。
ここで皆さんにクエスチョン。実際は幾つ分だと思いますか?ヒント:東京ドームの面積は46,755m²よ。

この昭和記念公園は昭和天皇在位50周年を記念して開設されたもので、昭和58年(1983)に第一期の開園をしているの。これから紹介するイルミネーションのメイン会場となる「ふれあい広場」はこのときに開園しているの。広さの理由や名称の由来に納得して頂けたところでいよいよ入園ですが、ここではイルミネーションの紹介ですので、昭和記念公園のことをもっと知りたいの−と云う方は 昭和記念公園オフィシャルHP を御参照下さいね。

パンフ パンフ 出掛けてみたのは 2008/12/20 のことですが、頂いてきたパンフレットをアップしておきましたので、興味のある方はクリックしてみて下さいね。但し、サイズは裏表のどちらも8MBちょっとあります。

表示するには Acrobat Reader が必要なの。インストールが未だの方は下記のサイトからダウンロード〔 無償 〕して下さいね。

ビッグ・リースは帰り際にもう一度紹介しますが、公園のあけぼの口からビッグ・リースのある立川口広場までは無料エリアになっているの。その先は有料エリアとなり、入場料(大人一般:¥400)が必要ですが、見応えのある内容で、納得お得の料金よ。ゲート手前のエリアにはビッグ・リースと併せ、御覧のようなクリスマスに因むオーナメントも。驚いたことにこれらの作品は全て こもれびの里 のボランティアの方々の手作りだそうよ。不要となった間伐材などを利用してつくられたものだそうですが、荒削り(ごめんなさい)のつくりがかえって優しい風合いを醸し出していて、ξ^_^ξのお気に入りよ。

ゲートを抜けて有料エリアに入ると最初に目に留まったのがこちらのオブジェ。勝手に「森の妖精と動物たちの素敵なクリスマス」と題をつけてしまいましたが、森とそこに住む動物たちのクリスマスを祝う様子がイルミネーションとともに演出されているの。ランプシェードの形をした白い明かりはさしずめ森に住む妖精たちかしら。クリスマスを迎えて森に住む動物たちもこぞって集まり、太鼓やシンバルをたたいてフェスティバルの真っ最中。ここでは見る人の数だけ異なる物語が生まれそうね。「ねえねえ、お母さん、早く行かないとお祭りが終わっちゃうよ。急いで行こうよ」「まあ、この子ったら。そんなにあわてなくても大丈夫よ。お祭りは未だ始まったばかりよ。みんな、あわてなくてもいいからちゃんとお母さんの後についてくるのよ」「はあ〜い」

ゲートを抜けて最初に皆さんが向かう先がこの大きなキングオブシャンパングラスツリー。その数何と!6,545個ものシャンパングラスを33段に積み重ねたツリーで、高さも5m近くあるのだとか。だけど、遠くからみただけではシャンパングラスを積み上げたものだとは気付かないの。加えて、傍に近付いてようやく分かったのですが、ツリーの頂上からは水が流れ落ちているの。こんなに高く積み上げて強風が吹いても大丈夫なのかしら、それこそ地震でも来たら総崩れよね、その時はどうするのかしら?などと心配してしまいましたが、実はガラス製だと思っていたグラスは全てプラスチック製で、どれも皆接着剤で固定されているみたいよ。(^^;

そのキングオブシャンパングラスツリーの背後からは200mほどのカナール(水路)が続くの。そのカナールの両側に添う形で植えられた銀杏並木もイルミネーションですっかりお色直し。カナールの中に置かれた二基のシャンパングラスツリーが水面に光を映して幻想的なの。見ていると2基のツリーが時間と共に色を変えてまさにイルージョンの世界。途中にはミニシャンパングラスツリーもあって、手を伸ばせばグラスに届きそうなの。グラスを手にして歩きたくなるような演出よね。

カナールの最奥部にあるのが御覧の大噴水。昭和記念公園のシンボル的な存在の大噴水は記念写真の絶好ポイントになっていてフラッシュの切れ間がないくらいよ。周囲からの照明を受けてシルエットのように浮かび上がる姿が素敵ね。その大噴水を取り囲む植え込みにも御覧のようなデコレーションがされていて、天の川状態なの。その一つ一つはまるでブルーダイヤモンド。その大噴水を過ぎると広〜いふれあい広場に出るの。イルミネーションされたさまざまなオブジェが広場を彩りますが、真っ先に目に留まるのが大きなケヤキの木のデコレーション。

歩みを進めると意味不明というか、芸術的と云うか、何やら不可思議なオブジェクトが次々に現れるの。よく見るとそのどれもが枯れ枝や竹で造られているのですが、何でも「よみがえる樹々のいのち展」で使用したエコアート作品にイルミネーションやライトアップをしたものだとか。同展は園内の倒木や剪定枝などの廃材を利用して造られた芸術作品を展示するものだそうで、道理でξ^_^ξのような凡人には分からないわけよね。同展の詳しいことは他のサイトにお任せするとして、その作品の幾つかを皆さんにも紹介してみますね。

知恵熱が出たところで、救いの手を差し伸べてくれたのがイルミネーションで装飾されたパークトレイン。
蒸気機関車の形をした園内専用の巡回バスなのですが、イベントの期間中は運休みたいね。

ふれあい広場の最奥部にド〜ンと飾り付けられているのがグラウンド・イルミネーション。その名のとおり、地面を飾り付けてしまったの。広い敷地を持つ昭和公園ならではのもので、宇宙をイメージしたデコレーションが広場いっぱいに広がるの。星雲をイメージしたイルミネーションの中には色を変えて渦を巻くようにして点滅するものもあり、巨大な宇宙を目の前にしているかのような感覚にもなれるの。傾斜地を利用しているので場所によっては上から見下ろすことも出来るので銀河や星雲の全体が見えてとても綺麗よ。

訪ねた時には開催日限定のスペシャル・イベントとして「冬の花火」があったの。事前に知っていた訳ではなかったので幸運でした。後で知ったのですが、この日とクリスマス・イブの両日だけの開催だったの。訪ねたのがクリスマス直前の最終土曜日と云うことで、人出を見込んでのスペシャル・イベントだったわけね。この頁を御覧になって見に行こうかしら−と思われた方は土曜日がねらい目よ。素敵な彼とクリスマス・イブに見に行くの!−と云う方はお好きにどうぞ。(^^;  But 「冬の花火」が毎年行われるのかどうかは不詳ですので、確認の上でお出掛け下さいね。

花火を見終えたところですっかりお腹も空いてしまい、軽めの夕食をとりましたが、園内にはレストランもありますし、イルミネ−ションの開催期間中は臨時の売店も多く出店するの。リッチな食事を希望する方には御期待に添えないかも知れませんが、そうでなければ食事の心配をせずに閉園時間までゆっくりと過ごすことが出来ますよ。

閉園時間まで今しばらくの時間がありましたので、カナールに浮かぶシャンパングラスツリーをもう一度ひとめぐり。

ゲートを抜けて立川口広場へ戻りましたが、入場する時は陽が落ちて間もない時間でしたので今一つメリハリに欠けるものでしたが、改めて暗闇の中でライトアップされたオブジェを見てみると素敵なメルヘンの世界に様変わりしていました。最初に御案内しましたが、これも「こもれびの丘」のボランティアの方々に依るものなの。こどもの頃に読んだ絵本の中に、人間達が夜になって寝静まるのを見計らうと森の中では小人達が動物たちとにぎやかに歌ったり踊ったりするお話があったような記憶があるのですが、見ているとそんなおとぎ話を信じていた子供の頃に連れ帰ってくれそうな印象のオブジェなの。

閉園時間(21:00)を迎えて会場を後にしましたが、何と入園してから4時間半もイルミネーション会場をウロウロしていたことになるの。(^^; 食事をした時間を差し引いたとしても4時間は見ていたわけよね。一番の理由は会場の広さに依るのですが、勿論それに見合うコンテンツの充実があればこそのお話しね。「光の迷路」に展示されていた前衛的なアートはξ^_^ξには超難解で、異次元空間のことでしたが、カナールに浮かぶシャパングラスツリーのイルミネーションは幻想的でした。個人的には「こもれびの丘」のボランティアの方々によるビッグリースを始めとしたクリスマス・オブジェが一番印象的で、素朴な木の温もりと物語性のある演出は見るものを優しく癒してくれたの。

イルミネーションのイベントは一年の内、限られた期間しか見ることは出来ませんが、皆さんも是非機会を見つけてお出掛けになってみて下さいね。テーマや演出などは年毎に変わりますので掲載したオブジェクトが必ずしも見られるとは限りませんが、趣向を凝らしたイルミネーションを観賞出来るのは間違いなさそうよ。それでは、あなたの旅も素敵でありますように‥‥‥

御感想や記載内容の誤りなど、お気付きの点がありましたら
webmaster@myluxurynight.com まで御連絡下さいね。
















どこにもいけないわ
Copyright by myluxurynight.com 2002-2017 All rights reserved.