≡☆ 長瀞のお散歩 ☆≡
月の石もみじ公園紅葉のライトアップ 2010/11/20

どこか近場で紅葉のライトアップが楽しめるところはないかしら−と探していたときに見つけたのが長瀞にある月の石もみじ公園なの。宝登山の臘梅園に出掛けたときには名勝として知られる岩畳も観ずに終えていましたので、この際だからと長瀞の秋を満喫するお散歩に出掛けてみたの。補:一部の画像は拡大表示が可能よ。見分け方はカ〜ンタン。クリックして頂いた方には隠し画像をもれなくプレゼント。(^^;

天下の名勝・岩畳と月の石もみじ公園

1. 秩父鉄道・長瀞駅 ながとろえき 13:54着 14:04発

観光地・長瀞の玄関口がこの秩父鉄道の長瀞駅。乗り降りしたことはなくても、TVの旅番組などでSLのパレオエクスプレスが停車する映像が流れたりして、すっかりお馴染みよね。その割には乗降客の姿が見えねえじゃねえかよ−と思わないで下さいね。朝夕の通勤電車の乗り降りからすれば較べようもないけど、ξ^_^ξ達がホームで記念写真を撮っていたりしている内に、みなさんはサッサと改札を済ませて、目的地に向かい、歩き始めていたの。それでも乗降客の数や車両編成に対してこのホームの長さは異常よね。普通なら不必要なものをお金をかけてまでつくることはしないわよね。実は、この秩父鉄道にも嘗て黄金時代 (^^; があったの。何と、当時としては異例ずくめの鉄道電化工事を大正11年(1922)に竣工している位なのですが、その理由が凄いの。

電化の計画立案は更に遡ること3年、大正8年(1919)のことになるの。今では逆に希有の存在となったSLですが、当時としては当たり前よね。それが、忙し過ぎてそのSLではトロくて使い物にならねえ−と云うの。【秩父鉄道五十年史】(と云っても当時は未だ上武鉄道だけど)のことばを借りると、秩父鉱山からの鉱石の搬出、その他砂利・木材・薪炭等の輸送、加えて長瀞・三峰方面への旅客の増加に伴い、蒸気機関車の混合列車の遅々たる輸送体系は誠に不便と不評が高く、経済的見地を加味し、電化することに踏み切った云々−とあり、秩父セメント(現・太平洋セメント)に代表される産業と、長瀞遊覧を始めとした観光事業を支える大動脈として秩父鉄道は大いに活躍したと云うわけ。

因みに、日本初の電化は、明治45年(1912)の国鉄(旧鉄道院)信越線の横川〜軽井沢間だそうよ。

長瀞には嘗て天皇を始め皇族方も来遊したというのですから、往時の賑わいぶりが想像出来るわよね。庶民にしても当時は今とは違い、行楽に出掛けるにも専ら鉄道利用でしたでしょうから、駅での乗降客も半端ではなかったハズよね。ホームの長さは往時の賑わいの語り部と云うわけね。ところで、長瀞の瀞の字だけど、本当はプラスの字が正しいの。表示出来ずに瀞の字で代用していますので御容赦下さいね。因みに、瀞とは川が深くて淀み、水の流れの緩やかなさま、また、その場所のことを云うのだそうよ。

現在は町名にもなる長瀞ですが、嘗ては藤谷渕と呼ばれていたそうなの。長瀞町教育委員会編【ながとろ風土記】に依ると、長瀞の小字名・馬内に農業を営む八木重右ェ門と云う人が長瀞と命名したのだとか。重右ェ門さんはなかなかの文化人だったみたいで、雅号を桜誠と称して、和歌や俳句を嗜む一方で、書道にも秀でていたそうなの。その重右ェ門さん、ある日、藤谷渕を眺めていると、渕を流れゆく川の水がとても美しい上に静かであることから、水に静の字を付けて瀞としたの。加えてその瀞が1kmにわたり続いていることから長瀞と命名したと伝えているの。そうして明治期の中頃から土地の人々の口の端にも長瀞の名がのぼるようになったのだとか。

2. 岩畳 いわだたみ 14:11着

秩父の特産品を扱うお土産屋さんや食事処が建ち並ぶ岩だたみ通りを歩いていると、道が途切れた瞬間にこの景色が目の前に広がるの。御覧のように、名勝・岩畳を控えて川下りの船の発着所にもなることから多くの人が集まり来るところになっているの。残念ながら未体験で終えていますが、訪ねたときは川の流れも緩やかで、見頃を迎えた紅葉をバックに川下りの船もフル回転でした。因みに、対岸にある岩山はそれぞれ蓬莱島・白鳥島・象岩と名が付けられているそうなのですが、どの岩がどれにあたるのかしら?

ここから先は改めて御案内するまでも無いの。次の目的地・月の石もみじ公園までを荒川沿いに歩いてみましたので、その景観をみなさんにもたっぷりと紹介してみますね。掲載画像は全部で51枚ありますので、幾つかのエリア毎に纏めてみました。それでは、ごゆっくりとお楽しみ下さいね。そうそう、幾らお待ち頂いてもスライドは自動で始まる訳ではないの。完璧なまでに (^^; マニュアル動作ですので御協力下さいね。因みに、各画像の下の数値は収録画像数よ。