≡☆ 亀戸天神梅まつり ☆≡
2011/02/22

春の到来が待ち遠しくなりつつある中で、TVのお天気情報のコーナーでは亀戸天神での梅の開花を知らせていたの。その梅の香に誘われるようにして早速出掛けてみたの。今回の散策ではその亀戸天神の境内に咲く梅の花を紹介してみますね。補:掲載する画像は一部を除いて幾れも拡大表示が可能よ。

亀戸天神〜元天神塚〜臥龍梅(梅屋敷)跡

1. 亀戸天神 かめいどてんじん

【 神苑の梅 】 御祭神菅原道真公(天神さま)と梅の花の縁は余りにも有名で、厳冬の中にも凛として咲き誇る姿は古来より多くの人々に愛で親しまれて参りました。当社の梅は藤の花と共に創建当初より名高く、社殿や太鼓橋、その他多くの句碑・記念碑などに彩りを添えて咲きます。御社殿正面左右の絵馬掛けの中に紅白梅を一対を始め、東西の参道沿いに全体で50種類約300本の色々な梅花が二月中旬より三月上旬にかけて最も美しい時期を迎え、境内一円はその馥郁とした香に包まれ、春の訪れを告げてくれます。

ここでは冒頭に境内に立つ説明板の内容を転載してみましたが、亀戸天神は姉妹編の亀戸天神藤まつりで紹介した藤と共に梅が有名なの。と云うよりも、祭神の菅原道真と梅は切っても切れない関係にあり、道真が都を離れる際に詠んだとされる、東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ−の句は御存知の方も多くいらっしゃいますよね。その道真を祀る御本家・太宰府天満宮では飛梅伝説なども語り継がれるの。亀戸天神はその太宰府天満宮より分祠・勧請したものなの。今回、梅の開花に合わせて訪ねる機会がありましたので紹介してみますね。

ここでは神苑を中心に、亀戸天神の境内に咲く梅の様子を40枚程アップしてみましたが、亀戸天神の詳しい縁起や境内の御案内などは姉妹編の 亀戸天神藤まつり を御笑覧下さいね。CMでした。(^^;

下記は紹介した梅まつりとは直接の関係は無いのですが、亀戸天神に縁ある事蹟と云うことで足を延ばしてみたので参考までに紹介してみますね。

2. 元天神塚 もとてんじんづか

同じ亀戸でも現在は 亀戸5丁目 にあるマンションの敷地内に鎮座することからフェンス越しにしか見学出来ないのですが、亀戸天神は当初この地に祀られたの。傍らの石碑には略縁起が記されているのですが、撰文には香取神社の宮司さんの名があり、端から見ると無関係に見える亀戸天神と香取神社ですが、意外なところで繋がっているみたいね。その碑文を御案内したいところなのですが、一部読み取りが出来ない文字があるので、代わりに頂いて来た栞の略縁起を掲載してみますね。尚、掲載に際し一部修正・加筆していますので御了承下さいね。

江戸の名に負ふ亀戸5丁目36番18号に存する元天神塚と稱する土地は、元北野天神社の社地で、正保3年(1646)2月筑前国太宰府天滿宮の別當職であった大僧都法印大鳥居信祐と云ふ人が、一夜靈無に感じ、社前の飛梅で天滿宮の靈像を刻み、之れを笈に納めて鎭座に適する社地を求めつゝ遥々と関東へ憧れの旅を続けきて、遂に當所亀戸村に辿りつき庄屋に議った上、一先古來存する北野天神社の祠へ御祀りしたのが抑も其の名の由來する所で、其の後寛文2年(1662)10月25日に改めて村内西境の地へ転じて創立されたのが現今の亀戸天神社である。然れば當所北野天神社の鎭座したのは年月不詳ではあるが、遙かに其の以前であった事が窺はれる。元祿年度の水帳には妙義塚とあるが、土俗之れを天神塚或は元天神と呼んでいた。其後文久4年(1864)2月建立されたのが現存する石祠である。

爾來星移り時は變って此の社地も荒廢し、祭祀も絶へていたので昭和3年(1928)3月香取神社へ合祀の手続をしたが社地は其の儘同社の管理となった。昭和9年(1934)10月崇敬者の篤志に依って其の敷地の一部を存し、聖域を整へ亀戸史跡元天神塚舊趾として、爾來祭祀も年々盛大に行はるゝに至ったが、不幸にして昭和20年(1945)3月10日の戰災に大損傷を蒙ったのを再び地元始め有志の篤志に依て石祠も修補し、境域を修めて祭祀も復興するに至ったのは史蹟保存の上から誠に慶賀に堪へない所である。仍て茲に由來を録して後世考証の資料とする。香取神社18代宮司 香取茂世

太宰府天満宮から分祠勧請される前に既に北野天満宮から分祠されていたと云うのは意外ね。
余談ですが、現在地もマンションの建設に併せて同じ地番内ではあるけど移動を余儀なくされたみたいよ。

3. 臥龍梅(梅屋敷)跡 がりゅうばい(うめやしき)あと

臥龍梅跡 臥龍梅 梅屋敷跡 江東区登録史跡 亀戸3-40、50-53付近
梅屋敷は江戸時代から続く梅の名所でした。元は本所埋堀(墨田区)の商人伊勢屋彦右衛門の別荘で清香庵と称していましたが、庭内に梅が多く植えられていたところから梅屋敷と呼ばれるようになりました。中でも臥龍梅と名付けられた一株が有名で、これはまるで龍が大地に横たわっているように見えるところから、水戸光圀が命名したと伝えられています。また、八代将軍徳川吉宗も鷹狩の帰りにこの地を訪れました。江戸近郊の行楽地として、花の季節には沢山の人々で賑わい、その様子は『江戸名所図会』『絵本江戸土産』(歌川広重)などの地誌にも取り上げられています。歌川広重はこの梅屋敷だけで十数種の版画を描き、特に「名所江戸百景」の中の、太い梅の古木を手前にあしらった錦絵は傑作の一つに挙げられます。

明治43年(1910)大雨により隅田川沿岸は殆ど水に浸り、亀戸・大島・砂村のほぼ全域が浸水しました。この洪水により、梅屋敷の全ての梅樹が枯れ、廃園となりました。ここに残る石標柱は江東区創立10周年を記念して昭和33年(1958)に建てられたものです。平成21年(2009)3月 江東区教育委員会

その石標柱ですが、下記のように記されているの。

この付近は江戸時代地主喜右衛門が庭に梅を植えて梅屋敷あるいは清香庵とも称し、観光行楽地として知られ、その園内に龍が臥したように枝が垂れて地中に入り、また離れて幹のある梅の名木があり、嘗て水戸光圀が臥龍梅と命名したと伝えられていたが、明治43年(1910)の水害により、臥龍梅は枯れ、廃園となった。昭和33年(1958)10月1日 江東区

広重の画を掲載してみましたが、満更誇張でもなさそうなの。【江戸名所図会】が語るには「その花一品にして重辨潔白なり 薫香至つて深く 形状宛も龍の蟠り臥すが如し 園中四方數十丈が間に蔓りて梢高からず 枝毎に半ば地中に入り地中を出でて枝莖を生じ 何を幹ともわきて知り難し しかも屈曲ありて自からその勢を彰す 仍つて臥龍の號ありといへり」とあるの。

梅屋敷の広さにしても四町四方あったとされ、一町を109mとすると3,600坪にもなるの。園内の梅がそれこそ一斉に開花したらさぞ見事だったでしょうね。因みに、園内では花見客に臥龍梅の漬物と称して梅干を売っていたのだとか。梅の木の手入れも大変だったかも知れないけど、それ以上に梅干作りの方がもっと大変だったかも。(^^; おっと、雨が降り出してきてしもうた。きょうは降らんと思うとうたが。こうしちゃおられん、急いで梅干ば、しまわんと。お〜い、誰かおるかいのお〜、居ったら早よう手伝うてくれ。梅干ば、濡れてしまうで。ちょっと趣を欠いてしまいましたね、ごめんなさい。


亀戸天神藤まつりに続く第二弾として境内に咲く梅を紹介してみましたが、藤と同じように梅もまた枝の剪定や根元への追肥など、見えないところで多くの人手が掛けられているの。その梅も、ルーツを辿れば太宰府天満宮の飛梅に因む逸話が背景にあるなど、叙事詩とも云うべき時間の流れと物語があるの。今となっては梅屋敷も臥龍梅も再現するのは不可能なのですが、それでも神苑に咲く梅を観ていると、ふとした折に広重が描いた絵図のような景観が瞼をよぎるの。観梅にお出掛けの際には花もさることながら、人々が梅に寄せて来た心模様にも思いを馳せてみて下さいね。それでは、あなたの旅も素敵でありますように‥‥‥

御感想や記載内容の誤りなど、お気付きの点がありましたら
webmaster@myluxurynight.com まで御連絡下さいね。

〔 参考文献 〕
掘書店刊 安津素彦 梅田義彦 監修 神道辞典
山川出版社刊 井上光貞監修 図説・歴史散歩事典
角川書店社刊 室伏信助 他共著 有職故実 日本の古典
角川書店社刊 鈴木棠三・朝倉治彦校注 新版 江戸名所図会
講談社刊 週間 TIME TRAVEL 再現日本史 平安E
東京堂出版刊 朝倉治彦 他 共編 神話伝説辞典
江東区教育委員会発行 文化財と旧跡
江東区編集発行 史跡をたずねて






どこにもいけないわ
Copyright by myluxurynight.com 2002-2017 All rights reserved.